ユン・ピョウINドラ息子カンフー
ユン・ピョウINドラ息子カンフー

おすすめランク    

原題:敗家仔
出演
ユン・ピョウ(元彪)
ラム・チェンイン(林正英)
フランキー・チェン(陳勲奇)
サモ・ハン・キンポー(洪金寶)
ディック・ウェイ(狄威)
リー・ホイサン(李海生)
チン・ユーサン(錢月笙)
チュン・ファト(鍾發)
ジェームズ・ティエン(田俊)
監督:サモ・ハン・キンポー(洪金寶)
1981年度作品


これぞカンフー映画の傑作の一つ!サモ・ハンカンフーの集大成と言ってもいい 作品!!

大富豪ワン家の息子チャン(ユン・ピョウ)は、誰と闘っても必ず勝つということで 巷で有名な男だった。ある日、町に劇団の一座がやってくる。チャンの友人が 劇を見に行くと、出演していた女役に一目ぼれし、デートに誘うが断られる。 ムカついた友人は、その女役としばし格闘するが、惨敗してしまう。実はその 女役はルン(ラム・チェンイン)という男で、カンフーの達人だったのだ。

友人は仕返しするため、チャンをルンの元に連れていく。するとルンはチャンに 対し、「あー、あの噂のドラ息子か。闘う相手に金を払ってわざと負けてもらって いるという..。」ととんでもないことを言い、そんなことは寝耳に水の チャンは、ルンに闘いを挑むが、あえなく完敗。ルンに「カンフーの基本もできていない。」 と戒められるのだった。実はチャンの父親が、チャンの身を案じて今までずっと裏で金を 闘う相手に払っていたのだ。

チャンはルンに弟子入りを頼み込むが、あっさり断られる。それでもあきらめず、 チャンは付き人として劇団の巡行についていくのだった。

とある地でルンの劇を見ていた一人の男がいた。皇帝の皇子(フランキー・チェン) である。彼は自分より腕の立つカンフーの達人と決闘することを生きがいとしていた。 皇子はルンを達人と見抜き、食事に招待し、手合わせをすることになり、仕方なくルンは 一戦交えることに。格闘中、ルンは持病の喘息が悪化し、決闘は後日に延期となってしまう。 皇子の警護にあたっていた男たち(ディック・ウェイ/チュン・ファト)は、皇帝から 皇子よりも強い男が現れたら、皇子と闘う前に殺せと命令されていたため、 深夜に急襲し、劇団員を惨殺するが、危うくルンとチャンは逃げることができたのであった。

チャンらが逃げてきた場所はルンの家で、隣にはルンの兄(サモ・ハン・キンポー) が住んでいた。チャンはルンからようやく詠春拳の奥義を学び、兄からも様々な 拳法を学ぶ。

しばらくして、ルンの様態が急変したため、チャンはルンを町の医者に連れていく。 すると、警護人が急襲したことなど何も知らない皇子が、ルンの身を案じて 現れるが、突然、警護人の手によりルンは惨殺されてしまうのであった。

事実を知った皇子は警護人を処刑し、皇子という身を捨て、さらなる拳法への道を 選択する。そこに、ルンの仇をとるべく、チャンが現れ、死闘を繰り広げるのであった・・・。

当時のカンフーモノには珍しく、ストーリーがしっかりしていて、おまけに サモ・ハン作品には常連の人々が集結し、見事なカンフーを見せてくれている。

特筆は、この作品の主役と言っても過言ではないラム・チェンインの演技と華麗な 技の数々。見ながら、「うおー!すげー!」の連発だった。

皇子役のフランキー・チェンは、作曲家、監督、プロデューサー、そして ジャッキーの「デッド・ヒート」でも担当したカースタント監督しても 有名な人。僕はこの「ドラ息子カンフー」を見たとき、フランキーが ここまでカンフーができるのにビックリしてしまった。

まだ未見の人は、見ないと損です!かなりおすすめです!

功夫&古装片系へ戻る
TOP