香港映画専門!「KASAHARA MOVIE GUIDE」ドラゴン・ロード
ドラゴン・ロード

おすすめランク    

原題:龍少爺
出演
ジャッキー・チェン (成龍)
マース(火星)
ウォン・インシック(黄仁植)
シドニー
タイ・ポー(太保)
フォン・ハックオン(馮克安)
チャーリー・チェン (陳恵敏)
ティエン・ファン(田豊)
監督:ジャッキー・チェン (成龍)
1982年度作品


ジャッキーが「ヤング・マスター」以後はカンフー映画は作らないと宣言後、スポーツを取り入れ、以後のジャッキー映画に 通じる体当たりスタントを盛り込んだ作品!

ドラゴン(ジャッキー・チェン)は勉強嫌いの金持ち坊ちゃん。ある日、親友のジム(マース)と街でかわいい女の子シャーリー (シドニー)に出会い、一目惚れしてしまう。シャーリーにラブレターを書き、凧につけて送ろうとしたところ、糸が切れて凧が 飛ばされ、ある工場らしき場所にドラゴンはやってくる。そこでは、盗んだ中国の国宝を外国人に売りさばこうとするキム (ウォン・インシック )らがその準備をしているところだった。

キムらの仲間の中に国宝の密売を頑なに反対する者(チャーリー・チェン)がいた。彼は、取引を阻もうと国宝の中でも価値のある 数個を盗み、隠していた。隠した国宝のありかを知ろうとキムはチャーリーに執拗な攻撃をしてくる。

ドラゴンとジムはケガを負ったチャーリーを匿い、国宝を守るため、キムと対決することになるのだった・・・。

しょっぱなの高い塔の上にある金色のボールをジャッキー含む大勢で、よじ登って取りに行くシーン。“6000人が頂上を目指す!” なんてパンフに書いてあったが、どー考えてもそんなにおらんで。って、パンフの表紙にはジャッキーがキックしている下に 6000人くらいが、金色の光を目指して塔を登ってる捏造絵画を載せている。ちゃんと5,6人が塔から落ちているところを 描いているのも芸が細かい(笑)。

羽のついた球を地面に落とさないようにして蹴り、あとはサッカーのルールと同じ“ドラゴン・キッカー”試合。今までのジャッキー 映画とは一味違った作品にしようというジャッキーの目論見はわかるが、シーンが異様に長すぎる・・・。このシーンだけで3ヶ月(←まあ、6000人で嘘をついてるからほんとかどうか はわからんが・・)かかったらしいから、いろんな“スポーツカンフー”を見せたくて、長くしたんだろうけど、あれだけ 長いと飽きてしまった。

この作品でのジャッキーは、まともなカンフーアクションは全くしていないと言っていい。はっきり言って弱い! ラストのウォン・インシックとの闘いも、明らかにインシックの方が強く、ジャッキーは物を投げたり、卑怯なことをして応戦 してる感じ。完全にやられ役になっているので、インシックがやられた後も、何か物足りない。

この作品で評価すべきところは、これまでのジャッキー作品のラストの闘いでは、野原で延々闘うというシーンがほとんど だったが、この作品では2階から落ちたり、ロープにぶらさがってキックするなど、立体を駆使したアクション、スタントを やったということである!

ジャッキーが、スローでバック転しながら尻から地面にまともに落ちるスタントなど危険そうなシーンになると、 「まー、ゆっくり見てくれやー!」って感じにスローが多用されていたのは、そんなにすごくもないところでもやっていたので 「もう、わかったよ。」と思ってしまった(笑)。

パンフレットのグッズ販売の中に“ドラゴン・キッカー”が450円で販売されていて、無性に欲しくなってしまった。いまだに 使用せずに元箱付きで持っている人がいたら、うらやましすぎる!!(←いるのか?(笑))

タイトルの“ドラゴンロード”ってずっと勝手に“ドラゴンの道”って思ってたけど“road”じゃなくて“lord”だったってのを今に なって気づいてしまった。原題“龍少爺”の“少爺”は、“若旦那”“御曹司”ってな意味。“lord”は貴族や○○卿って意味で、 その中に“公爵の子息”って意味があったので、この作品のタイトルをわかりやすく言えば、 「金持ちドラゴン一家のバカドラ息子ジャッキー」ってことか(笑)。パンフレットの解説には“クンフーの王者(=ロード)”って 書いてあって、“lord”には君主とか神って意味もあるけど、作品の内容から考えて、誤訳でしょう。ボク以外にも意外とたくさん “ドラゴンの道”って思い込んでた人いるんじゃないかなあ・・・。

「ドラゴン・ロード」と聞くと、「♪ドラゴンロードをとばせ!!ドラゴンロードをとばせ!!♪」と串田アキラさん歌う “仮面ライダーZX(ゼクロス)”の主題歌を口ずさんでしまうのはボクだけだろうか・・(笑)



功夫&古装片系へ戻る
TOP