香港極楽コップス

おすすめランク 


原題:神勇雙響炮續集
出演
ユン・ピョウ (元彪)
ローウェル・ロー(廬冠廷)
ベティ・ウェイ/クララ・ウェイ(恵英紅)
ルー・シャオフェン
ディック・ウェイ (狄威)
チョン・プイ
タイ・ポー(太保)
ジェームズ・ティエン (田俊)
チュン・ファト(鍾發)
チャーリー・チョウ (曹査理)
ブラッキー・コー (柯受良)

監督:チェン・タンチョウ
1986年度作品


ひさびさの更新&新年一発目にこの作品を紹介するあたり、いかにもボクらしい(笑)

これ、ポニーキャニオンのビデオで見たんだけど、しょっぱなに、ええ声の人が「ゴールデンハーベストがおくる香港エンターテイメント」って 言うのをひさびさに聞いたわ(笑)。あのオープニング見ると香港映画見るぞーって感じになったな。

原題が続集となっているが、前作はリチャード・ン、ジョン・シャム主演の「新ポリスストーリー」。あのおっさんコンビに比べれば、アクション面も プラスされて見所は増えたかな。

ストーリーはジェームス・ティエン率いる組織が犯した犯罪現場を撮影したネガフィルムのありかを探すっていうもの。 その間に勘違いネタ、騙しネタ、セクハラネタなどどうでもいい(←こう言っちゃあかんやろ(笑))80年代香港コメディのパターンが展開していく。

敵のボス(ジェームス・ティエン)の子分役がディック・ウェイ!!!ほんま、ディック・ウェイが登場したら 香港映画にハマり始めた時期を思い出してしまい、うれしくなってしまう。

脚本にはあのウォン・カーウァイも参加している。脚本あるんだか・・・(笑)

ラストのバトル!!
でたー!!!ディック・ウェイのスローのジャンプ回し蹴り!!!ボクはその昔、ジャンプ回し蹴りをマスターするべく日々練習を積んだが、 着地に失敗しタンスに頭を強打し、もがき苦しんでいるところを、かあちゃんに「あんた、何してるの?」と素で突っ込まれたので、やめた。(笑)

この作品の最大の見ものはユン・ピョウとディック・ウェイのバトル。相変わらず息があってますな。最後にとどめを一発かましてくれると思っていたが、 冷凍室バトルで二人が凍っちゃったっていうオチにしちゃったので、ユン・ピョウの決め技が見れなくてちと残念。冷凍室で半袖だったユン・ピョウがスーツ姿のディック・ウェイの服を 破って身につけていくのはウケた。(笑)

食肉工場でのバトルだったので、ボスのジェームス・ティエンが肉のようにつるされて「うあー!うあー!」ともがきながら、ローウェル・ローにお尻を チェーンソーでチョイチョイと刺されるシーンはかわいそうだけど笑ってしまった。ブルース・リーと共演していた頃のジェームス・ティエンを見ている だけに、吊るされてる姿が非常にみっともなく感じてしまった。(笑)

最近、どうも記憶力が悪くなってきてしまったようで、作品見ながらメモ取るときに、俳優の名前が思い出せなくて、「メガネ」とか「バイク」とか 書いちゃう。ちなみに「メガネ」はポリスストーリーの“メガネ割られ男”チャーリー・チョウ (曹査理)、「バイク」は亡くなるまで数々のカースタント をこなしたブラッキー・コー(柯受良)。このへんの俳優、名前忘れるほうが普通だったりして。(笑)

製作年が1986年。もう20年も前の作品なのね・・・。もうじき、香港映画ファンになって20年になっちゃうわ。自分ですげーって思ってしまった。


(2007年1月1日更新)

TOP