香港映画専門!「KASAHARA MOVIE GUIDE」:ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ外伝 鬼脚
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ外伝 鬼脚

おすすめランク    

原題:黄飛鴻之鬼脚七
出演
ユン・ピョウ
ウー・マ
ヤン・サイクーン
ユン・ワー
タイ・ポー

監督:ウー・マ
1993年度作品

黄飛鴻に弟子入りすることになった鬼脚七(ユン・ピョウ)は、黄飛鴻の道場である寳芝林に向かうため、ソー(ウー・マ) と共に旅をしていた。道場につくと警察がやってきて、旅の荷物の中にアヘンを発見し、鬼脚七は捕らわれてしまう。アヘンを 荷物に紛れ込ませたのは鬼脚七の知人のミン(タイ・ポー)だった。ミンの後ろには官僚に賄賂を渡し、アヘンで荒稼ぎしている 黒幕、ホア(ユン・ワー)がいた。正義の警察官、金豹(ヤン・サイクーン)はホアに目をつけるが・・・。

ユン・ピョウ主演作!!“ワンチャイ”シリーズの黄飛鴻の弟子、鬼脚七を主人公にした作品。
黄飛鴻は南アジアに旅行中という設定で登場しない。

ユン・ピョウ、どうしたんかなあ。ものっすごくチープな製作会社と契約したのか、なんか安っぽい作り。 この作品の出来で納得したのか、かーなり疑問。ゴールデン・トリポッド・フィルムなんていう製作会社、 僕は初めて聞いたわ。この製作会社で有名な作品、なんかあるのかなあ。最近発売されたこれまたユン・ピョウ主演の 「黒影」も同様の製作会社だったけど・・・。過去、ユン・ピョウ作品を今まで数多く見てきたけど、日本に入ってくる 作品の多くはゴールデン・ハーベスト社の物が多く、やっぱり金のかけ方やスタッフの出来は段違いだなあと思った。

ユン・ピョウもユン・ワーも相変わらずがんばってアクションしてくれてるんだけど、カメラワークが悪すぎ。
セットが狭いかしらんが、もっと引いて撮影してくれないと凄さが伝わらない。おまけにBGMの使い方もヘタクソ。 緊迫感を与えるBGMを使えよー。どっかから探してきたBGMをアクションの展開関係なく流してるような感じ。 あと照明の使い方、カメラに光量を減らすフィルターをかますこととか、そういったことがおろそかになっている。 明るいシーンだと、人物がかなり光を受けて白っぽく(写真用語ではオーバー)なってたりしてて、他の作品じゃ こんなこと少ないので気になる気になる。ダメよ、こんなことじゃ・・・。

ビデオのパッケージのデザインがかなりよく、「なんかおもしろそうやなあ・・」「アクション凄そうだなあ・・・」 って感じで、借りた人も多いはず。で、見たら「なんじゃい・・・これは。」状態。ビデオ製作会社のこういう手法は 常套手段だが、主演がユン・ピョウなだけに期待度UPで、見事に騙されたって感じ。

ストーリーがぬるいというか出来が悪いというか、悲しいことや怒りに燃えることなどがあっても、観客に感情が伝わり にくくなっている。コメディっぽいところとシリアスっぽいところをもっとメリハリつけてもらわないと。

今回の悪役ユン・ワーはちょっと残酷。警察役のヤン・サイクーンをロープで吊るし上げて、「がははははは!」とか笑いながら 火のついた弓矢をサイクーンにぶっぱなして焼死させてる。

ユン・ピョウがユン・ワー屋敷に乗り込むシーン。金属の靴を履いて戦うんだけど、鬼脚と呼ばれる男がこんな 卑怯なことしちゃあかんでしょ。そりゃ、痛いで。こんなん、僕が履いたって鬼脚って呼ばれなくても勝てそう(笑)。

ラストのユン・ピョウとユン・ワーのバトル。ユン・ワー屋敷のシャンデリア上での戦いを最後の見せ場にしたようだが、迫力なし。 二人の重さに耐え切れず、天井からシャンデリアが外れ、ユン・ピョウは危機一発、別のシャンデリアに 飛び移り助かるが、ユン・ワーはシャンデリアと一緒に落ちて死亡で終わり。地面と天井の高さが5階くらい だったら迫力あって即死はわかるけど、2階くらいだったら大ケガレベルでしょ。ましてやさっきまでピョンピョン おっそろしい高さにジャンプしてたユン・ワーですよ。そんなんで死ぬわけない(笑)。

ま、この作品に関してはひさびさにタイ・ポー(太保)を見れたことで良しとしますか!(笑)
TOP