ヤングマスター

おすすめランク 



原題:師弟出馬
出演
ジャッキー・チェン (成龍)
ユン・ピョウ (元彪)
ウェイ・パイ (韋白)
ウォン・インシック(黄仁植)
シー・キエン (石堅)
リリー・リー(李麗麗)
リー・ホイサン (李海生)
フォン・ハックオン(馮克安)
ジャン・ジン(蒋金)
ファン・メイシェン (樊梅生)
ティエン・ファン (田豊)

監督:ジャッキー・チェン (成龍)
1980年度作品


ジャッキーがブルース・リーの3倍もの契約金でゴールデン・ハーベストに移籍後の初主演作。

ドラゴン(ジャッキー・チェン)とタイガー(ウェイ・パイ)は孤児で、金龍道場に拾われて育ってきた。ある日、町で獅子舞合戦が行なわれることになり、その練習中に タイガーが負傷してしまい、急遽ドラゴンが頭持ちとなって出場する。しかし相手道場の獅子頭を持っていたのは怪我をしたはずのタイガーだった。 結局、獅子舞合戦は金龍道場が負けてしまい、道場は町の笑い者になり師匠(ティエン・ファン)は弟子に八つ当たりを始める。 その後タイガーの裏切りが師匠に発覚し、タイガーを追放してしまう。さらに師匠は八つ当たりの度を強めてしまい、ついにドラゴンが激怒、 自分も出て行くことを宣言する。すると師匠は反省し、ドラゴンに免許皆伝の証である白扇子を持たせてタイガーを連れ戻すよう頼むのだった・・・。

キセル、扇子を使った小道具系アクションから、ラストのウォン・インシックとの大バトルまで、ジャッキーがそれまで持っていた全てを出し切った 感じの作品になった。ジャッキーはこの作品以降、「酔拳2」まで功夫作品を製作していない。

ジャッキーとファン・メイシェン(黒いヒゲデブのおっさん)の白扇子でのバトルシーン。このシーン、普通にファン・メイシェンが吹替えなしで 演じていると思っていたんだけど、ある写真でこのシーンが写っててそれを見ると、顔がファン・メイシェンではなく、ジャン・ジン(蒋金)だったので ビックリした。二人とも体格も体の色も似ていたから、今まで数多くの吹替えを暴いてきたボク(笑)でも全く気づかなかった。しっかし、うまく撮影してるよ。

ウォン・インシック(黄仁植)の登場シーン。ウォン・インシック強!!すんげー蹴り!!初めてこれを見たとき、「ジャッキー、やばいな・・」と子供心に 心配した記憶がある。

ユン・ピョウ登場。ジャッキーとの長いすバトルは見てて楽しかった。ジャッキーがシー・キエン(石堅)とユン・ピョウ親子から逃げちゃおうとして せまい壁と壁を登るスタントは、ボクもやったことがある(笑)。意外と高くまで登れたけど、降りるのがコワくてどうしようか困っちゃって 友人たちに「バカだなあ!あっちゃん。」と言われながら助けてもらいました(笑)。

ジャッキーとシー・キエンの底なし沼(スタジオセット(笑))ネタや、風呂ネタがなんかおもしろい。シー・キエンって「燃えよドラゴン」の イメージが強すぎたから、ちょっとトンマな役柄に好感を持った。

ラストの20分にもわたるジャッキーVSウォン・インシックのバトルは必見!!ほんまの強敵の前に少しおかしくなっちゃったジャッキー殺法が炸裂!! 両方ともゼェゼェ言っちゃうくらい疲れきった感じの大バトルだった。

ジャッキーはこの作品で日本向けに初めて主題歌を歌った。タイトルは「さすらいのカンフー」。聞いてみてえ!


(2007年7月15日更新)

TOP